制作忘備録

絵とか造形について

初めてのフィギュア制作で使っている材料。

プルミエ ¥540

石粉粘土。

球体関節人形でおなじみのラドールの親戚(?)

ラドールより軽量。店頭で重みを比べたが確かにラドールより格段に軽い。

触り心地としては紙粘土に近くとても柔らかいが、乾くときちんと石粉粘土らしい重量感と硬度がある。

削りやすい上に水で柔らかくできるため造形しやすい。だけど少し毛羽立ちが気になる。毛羽立つため細かい造形は不向き?

一個でフィギュア一体は作れる。

銅線 ¥0

家にあった

大まかなヒトガタを作る

アルミホイル ¥0

家にあった

大まかなヒトガタを作る

つまようじ ¥0

家にあった

細かいところ、掘ったり撫でたり

竹串 ¥0

家にあった

つまようじと同様、つまようじより丈夫。

粘土べら ¥0

家にあった

小学生のときのやつ

彫刻刀 ¥0

家にあった

小学生のときのやつ

プラ用ノコギリ ¥0銅線も切れた。家にあったがこれは¥5000と高価。

目がとても細かい

胴体を切断した

・・・こんな感じに買い足したのはねんどだけで他は家にあるもの。

それに小学生の時に使ったやつをとっておいてあればどの家にでもあるものだろうと思う。

貧乏万歳リーズナブルにレッツ造形(=゚ω゚)ノ